生活のこと

食生活

お肌にとってスキンケアと同じくらい大切なのが食事です。栄養を補給しそれが肌を作る素となります。
私たちのカラダは、言うまでもなく食物から栄養を摂って生きています。食事(食べ物)は身体をつくる材料であり、とり入れた栄養素を燃焼させてはじめて身体を動かしたり、考えたりということが出来ます。
わたしたちのカラダは食物から消化器官を経て栄養分を吸収し、血液が体のすみずみにその栄養分を運びます。
「医食同源」という言葉がある通り、健康と食物は切っても切れない関係です。
現在、様々な情報が氾濫し、あるひとつの栄養素ばかりが注目されがちですが、栄養素は単独では生理的効果が期待されにくいということをまず知っておきましょう。
肌のために栄養をまんべんなく摂る必要があるのはもちろんですが、特に必要とされるものをご紹介しますね。

三大栄養素

・タンパク質

筋肉、内臓、骨、血など身体の土台を作っているもの(アミノ酸はタンパク質の構成要素)

・糖質

以前は「炭水化物」として分類されていました。筋肉が活動するときのエネルギー源や、脳の唯一の栄養源「ブドウ糖」の素となります。

・ 脂質

身体にとって大切なエネルギー源のひとつ。細胞膜の材料になったり、脂溶性ビタミンの吸収に欠かせません。
上記の三大栄養素に「ビタミン」「ミネラル」を加えて五大栄養素と言われています。
三大栄養素がガソリンだとするとビタミン、ミネラルはオイルに例えられます。
三大栄養素が十分に働くため、また身体をスムーズに活動させるために必要不可欠な栄養素です。
ビタミンやミネラルは体内で合成することが出来ないため、毎日とりいれることが必要になります。このビタミンとミネラルを豊富に含む食品としてタヒボが注目されています。
タヒボはお茶で飲める手軽なものに加工されて最近では多くの人が飲むようになりました。
肌が生まれ変わるためにこの3点は必ず守ってほしい点です。
@タンパク質(肉・魚・大豆など)を毎日適量摂る
AビタミンA・B群・Cなどを毎日摂る。
B抗酸化成分のある食材(トマト・ゴマ・りんごなど)を積極的に取り入れる。
美肌をつくるのはバランスの良い食事です。なるべく多くの食材を毎日の食卓に取り入れましょう。
野菜ジュースもいいですよね。サプリなどで上手に補うのもいいですが、基本は食事からの栄養を心がけてください。

 

睡眠

美肌といえば睡眠ですね。よく眠れた日の翌日は、あれっ?と思うぐらいきれいですよね。毎日の睡眠は十分に取れていますか?
午後10時〜午前2時に眠ることが美肌への第一歩です。これは、この時間に成長ホルモンの分泌が盛んになることが理由のひとつ。
成長ホルモンは新陳代謝を促す役目があり、肌にはターンオーバーという新陳代謝のリズムがあります。
睡眠によってターンオーバーも促進され、新しい健康な肌が生まれるというわけです。
では良い睡眠とはどのような睡眠のことを言うんでしょう?睡眠時間は成人で6〜7時間くらい連続して休むのが理想的だと言われています。
午後10時から午前2時までに熟睡しておくことは上記の通りですが、ただ寝ればよいのではなく、就寝時間もある程度決めておくことが必要なんです。
成長ホルモンには体内リズムも関係しています。体内時計を整えておくことで、新陳代謝のリズムも整い、ひいては新しい肌も生まれやすくなるというわけです。
・睡眠前の飲酒もひかえましょう。皮脂分泌され、にきびの原因になることも。熟睡しにくくもなります。
・枕カバーは最低でも1週間に1回意かえましょう。人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくそうです。寝返りをうったりと肌に触れる部分なので清潔に保ちましょう。
・ストレスで眠れないなど、眠れないときもあるかと思います。眠る前はリラックスする場面をつくったり、アロマやマッサージなど上手に取り入れるといいでしょう。

ストレス

ストレスで肌が荒れるのは2つの原因があるといいます。ストレスにより、皮脂の分泌量が増えると脂っぽくなりにきびや脂漏性皮膚炎になりやすくなります。
脳がストレスを受けると血管が収縮し、血流が悪くなることでターンオーバーの周期が乱れ、くすみの原因となったり、肌のバリア機能を低下させるとも言われています。
また、ストレスがかかると身体に汗をかきやすくなり、かゆみが起こることがあります。
極度のストレスで蕁麻疹が出るという方もいるようです。
・脂漏性皮膚炎・・・脂(あぶら)の分泌が盛んな部位、顔、頭などに湿疹を生じる病気です。
もうひとつは、精神的・肉体的ストレスによりスキンケアにかける時間と手間のゆとりがなくなることです。
ささっとすませるような洗顔が続いたり、メイクを落とさずに寝てしまうような生活を送っていると肌は当然荒れてしまいます。
何をストレスと感じるかは人によりますが、生きていく上でストレスのない生活を送ることは大変難しいと思います。
ストレスは人間の防御反応とも言われているので、ある程度のストレスは必要かもしれません。
ストレスとうまく付き合っていくのはむずかしいですよね。
わたしの友人は、ストレスで顔に化膿したできものがたくさんできました。1年半ぐらい病院に通ってやっと落ち着いてきました。
お薬やビタミン剤などの効果も大きかったと思いますが、一番大きかったのはその人なりのストレスとの付き合い方を見つけたことじゃないでしょうか。
ふきでものの跡は残りましたが、よく笑うようになってくれて友人としてはうれしいです^^
趣味を楽しんだり、友だちとお茶したり、スポーツしたり、あなたなりの対処方を見つけてくださいね★